川口市手話言語条例制定に向けた勉強会を行いました

3月24日、平成29年3月議会本会議閉会後、
自民党市議団の呼び掛けにより、
議員提案による「川口市手話言語条例」制定に向けた勉強会を行いました。

この勉強会には、提案会派として自民党市議団から4名が参加、
その他慣例により、議会運営委員会正副委員長、
所管となる福祉健康常任委員会正副委員長、
そして各会派から二名の代表者にご参加いただきました。

また、現場のご意見をお伺いするため、
市役所から福祉部障害福祉課、
そして川口市社会福祉協議会さんにもご出席いただきました。

実は自民党市議団内ではこの手話言語条例制定に向け、
今回の条例に向けてプロジェクトチームを立ち上げ、
勉強会を何度も実施しておりました。

また、会派内で行っていた勉強会には我々自民党川口市議団だけでなく、
川口市聴覚障害者協会さん、
川口手話サークル友の会さんと何度もお会いし、
意見交換を行ってまいりました。

今回の勉強会ではこの「川口市手話言語条例」制定の
目的と意義を自民党市議団からご説明し、
各会派から多くのご意見をいただきました。

結果的に各会派の皆さんにはご納得いただき、
議会6月定例会にて議案として上程され、
可決された日から施行する方向で意見が一致いたしました。

なお、余談ではありますが、
身体障害者手帳の交付について、
現在は市が申請を受理し、県が交付の決定を行っていますが、
平成30年の中核市移行後は
市が交付決定までの事務を一貫して行うことにより、
交付までの期間が短縮されることになります。
こんなところにも関係があるのだな、という点も、
併せてご理解いただければ幸いです。

我々自民党市議団は、「提案型議会」をめざし、
引き続き議員による条例制定を行うべく、
一丸となって取り組んでまいります。

リンク集

  • 第5回マニフェスト大賞グランプリ(PDF)・地方議会部門で自由民主党・川口市議団政策集(マニフェスト)”市民(あなた)への約束”が大賞を受賞しました。)